カタログのお中元で何が悪い!?

昔気質の両親にとって、お世話になった人へ感謝の気持ちを表すお中元などをカタログで送るのは「もってのほか!」のようです。

 

確かに、カタログギフトが始まった当時は「味気ないかもね」「値段があからさまに解る」と感じたこともあります。
だから、内祝いで一度使ったきり、贈り物として利用したことはありませんでした。

 

ところが、いざ自分がもらう立場になってみると嬉しいことこの上なし。

 

何日かはカタログを眺め、「どれにしようかな」とワクワクしながら商品を選び、「これって、いいわあ」と思うものと出会えた時の嬉しさったらありません。
最近はお中元の手配をする毎に面倒とボヤく両親。

 

「カタログにしたら?イマドキだし、喜ばれるよ」とオススメしています。

初めてのお中元選び、迷いました!

今年は初めてのお中元選びでした。まずは誰に上げればよいの!?からリストアップし、考えました。それが終わるとじゃあ何を・・・?とまたもや頭を悩ませました。

 

例年実家に届いていたものを考えると、やはりうれしいのは日用品だねなどと話したのですが、初のお中元が洗剤というのもねぇとなり、1か月は悩みました。

 

運よく、地元の名産品が日持ちするソースだったということもあり、こちらに決めました。

 

みんな喜んでくれて一安心です。でも、いただいたものを見ると皆さま本当によく考えてある!私が好きそうなお菓子を3店舗から購入して自分で詰め合わせてくれたり、普段は絶対に買うことはないだろうなというお出汁のセットと高級な野菜ジュースだったり・・・さあ、来年はどうしましょう!?その前に、お歳暮があるのですね。でも、考えるのもまた、楽しいものです。

お中元は何を贈りますか?

お中元は感謝を込めて贈るものですが、贈る時に迷うのが相手にとって迷惑にならないかというところです。私は一度、お菓子が届いたものの口に合わずに捨ててしまいました。

 

非常に心苦しかったのですが、相手にも同じ思いはさせていないかと心配になり、以後私は食料品を絶対に送らないようにしています。

 

無難なハムやソーセージ等は良いかもしれませんが、凝ったものや特産品等は注意したいところです。

 

あれこれ悩んで私が辿り付いたのは、調理に使うちょっと高級な油や、洗濯に使う洗剤と言った日用品です。これなら気兼ねなく消費出来ると思うのです。

 

生活の中で、助かるというものが私も欲しいので、そういった物を贈るようにしています。
悩んだ場合は日用品を贈るようにしてみてはいかがでしょうか。
お中元 時期

更新履歴